FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィスが移転しました!

オフィス移転しました!

・・・と言いましても、銀座8丁目から銀座7丁目に移ったので徒歩2分程度の移転ではありますが、結果的には、物の整理・梱包から運び入れたものの再開封、電話設備・ネットワークの構築等、落ち着くまでに1週間ほど要しました。

新住所は、〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-7 クオリア銀座やま祢ビル705 に変更となります。
しばらくは郵送物は旧住所より転送されますが、もし何かお送りいただける際にはご変更をお願いします。
また、ご来社の際にはお間違いないようお願いいたします。

電話番号は、03-6226-6060、FAX番号は、03-6226-6061に変更となりました。
旧番号におかけいただいた場合、しばらくは新電話番号の案内が流れますが、電話帳等にご登録のみなさんは、ご更新をお願いいたします。

心機一転、社員一同頑張ってまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

許可の更新をしました。

有料職業紹介事業許可証(平成26年更新)サイズ調整15-15


5年ぶりに許可を更新しました。

あ、ファルマンメディカルの最古参のオオニシです。

全国にたくさんある転職支援会社(人材紹介会社)というのは、『有料職業紹介事業』という許可を厚生労働省からもらってはじめて運営することができます。
弊社は『13-ユ-301344』という許可番号を平成18年6月1日から得て活動してまいりました。

この有料職業紹介事業の許可をを新規で取得するには、いくつかの要件を満たし、そして相当量の提出書類をそろえ、期間も数ヶ月かかります。今から8年前、どこにも頼ることなく、独自で準備を重ね、やっとの思いで許可をもらったことが、今では懐かしい思い出です。

この有料職業紹介事業の許可は、最初は3年、それ以降は5年ごとに更新の必要があります。
新規取得に比べると、更新は提出書類も少なく、比較的手続きは簡便ではありますが、何せ前回の更新から5年が経っていますので、日常業務の傍らで、マニュアルを見て思いだしながら1つ1つ準備をし、ようやく本日、許可更新の認可がおりました。

今日は許可証交付式ということで、朝から労働局へ行き、1時間の講習を受け、新しい許可証をいただきました。

許可証には、ときの厚生労働大臣のサイン(直筆風)が入っています。
新規許可時は川崎二郎さん、1回目の更新時は舛添要一さん、そして今回2回目の更新では田村憲久さんに変わりました。
なんかこれって医師免許証や看護師免許証などの国家資格の免許証と同じで、そのときの時代を感じますね。
5年前は舛添さんが厚生労働大臣やってたんだったなぁ。それが今や都知事ですから、時代の流れってとても早く、そして予想もつかないですね。
これから5年間、この許可証はオフィス内に掲示することとなりますので、ご来社の際には、ぜひ1度ご覧ください。

初ブログです!!

 こんにちは!ファルマンメディカル 村谷です。
 1月に入社いたしました新人です、よろしくお願いいたします。前職では営業や営業事務・秘書などを経験し、医療業界はこの度初と、日々勉強の毎日を過ごしております

 まだまだ寒い毎日が続いていますが、早いものでもう3月、春はもうすぐ目の前ですね。自宅の周りに大学が多いのですが、最近は4月からの新生活の物件を探す学生さんたちで賑わっています。
 私が更新しているサイトにも「4月スタート」の求人掲載が目立つようになりましたまだまだ、不慣れな私ですが、日々求人を更新していますので、ぜひ参考にしていただけますと幸いです
URL:https://career.medpeer.jp/company/view?cid=130

 春はもうすぐ目の前ですが、まだまだ寒い毎日が続いていますので、皆さんも風邪を引かぬよう気を付けてくださいね(*^ ^*)

★クリニックオープンしました!

グリーンを基調とした爽やかなイメージです

こんにちは。
すっかり不精となってしまいまして申し訳ございません。
久々の更新です。

昨今の弊社は、と言いますと・・・『開業支援事業』をスタートいたしました。

代表も元病院事務長、私、大西も元診療所事務長ということで、開設に向けた申請や届出、職員の雇用・労務、財務・経理等々、以前身につけたノウハウを元に、先生にはなるべくご負担を少なく、開設後の診療やご自身の夢を思い描くことに専念をしていただけるよう、ご支援させていただいています。

かつての人脈を活かし、開業に向けたさまざまな分野のパートナーと提携をし、先生には初期投資をできる限り少なく、自己資本をなるべく投入せずに、借入をなるべく低金利でなるべく少ない金額とし、開業後に行き詰らないようご支援・ご助言をさせていただいております。
また、私どもはいつでも共にディスカッションを重ねながら、開業前はもちろんのこと、開業後も責任をもって継続支援をさせていただいております。


11月1日に、千葉県四街道市に『四街道まごころクリニック』が開院しました。
院長先生は、梅野 福太郎先生で、消化器内科をご専門に、維持透析の管理、救急外来、内科・外科問わず幅広く、いわゆる総合診療を行なってこられた先生です。
患者さんとの対話・家族との対話を重視されている先生で、困ったこと・心配ごとがあったら、みなさん気軽に聞けるように普段から気さくにお話ししてくださいます。

後方支援として、四街道市の基幹病院である、『四街道徳洲会病院』があり、万が一入院が必要な場合には必ずこちらで受け入れていただき、入院中も情報共有を図り、再び在宅に戻ってきた際にもスムーズにまた診療を継続できるような体制を作っています。

そして、クリニックの隣には『訪問看護ステーションわらび』も同時にオープンし、こちらは四街道徳洲会病院の傘下のステーションということで、こことも連携を図りながら、常に院長先生が主治医として患者さんの状態を把握し、一貫して快適に在宅療養を送っていただけるような環境づくりに取り組んでいます。

もし、今後開業をお考えの先生、また、在宅医療に取り組まれる先生もご参考にしていただけたらと思います。

いつでもご相談に応じさせていただきたいと思います。


ファルマンメディカル
大西 肇

床もイメージカラーのグリーン 扉は茶系で自然な色を院内にも取り入れています

チョコレートと肥満について

ご無沙汰しております。看護師担当の板橋です。

唐突ですが、私はチョコレートが大好きです!!
そんな私に嬉しいニュースが入りました。

【チョコレートをよく食べる人は肥満度指数が低い傾向、米研究】

010805sweets094-trans.png

【3月27日 AFP】運動習慣があり、チョコレートを定期的に食べる人は、肥満度指数(BMI)が低い傾向があるという論文が26日、米国医師会(American Medical Association)の内科専門誌「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン(Archives of Internal Medicine)」に掲載された。

出典:http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2867991/8705158

しかし、食べ過ぎは良くないらしい。
記事を見る限り、根拠に乏しいように思われる。

甘いものを食べたくなる時間帯なので、このようなトピックスを取り上げました。

おしまい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。